読み物

2018年10月後半の落とし物

先程店の掃除をしていたら、奥の奥の方に小さなケースに入ったSDカードが落ちていました。

おそらくこの1週間以内のことだと思います。

 

デジカメなどのデータを保存するためにカメラに差し込むSDカード。

店に落としたというならば、中身が空っぽということは考えられないし、容量からして相当な枚数の写真が入っていると思います。

 

さぁ、困りました。

このSDカードをどうやって元の持ち主に返したらいいでしょう。

 

SDカード

プライバシーの観点から、SDカードの中身は見ていません。何が写っているかわかりません。

 

旅行の写真でしょうか、家族写真でしょうか。
草花の写真でしょうか、建物の写真でしょうか。

 

少なくとも容量の大きなSDカードを買う人ということはかなりの枚数と、時間がこの中に詰まっていると思います。当店での決まりとして落とし物は1ヶ月間は保管しておきます。

どうぞそれまでに「私のだ!」という方がいたら、その際に座っていた場所と日時、このSDカードの容量を教えてください。

そのために、今はあえて裏を向けておきます。

 

そうそう、このSDカードの話とは関係ありませんが、何年も前から撮影した京都の写真データを外付けのHDDに保存していたのですがつい先日、私の5年くらい使っているパソコンが「認識できません」なんて情のないことを言ってきました。こちらはこちらで大切な思い出が詰まっているので、なんとかしてデータを取り戻したいと思います。

 

写真って大事なものですよ。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です